チケット販売 - 美術館・博物館

※販売価格は店舗により異なります。
在庫状況によりご希望枚数に添えない場合がありますのでご了承ください。

注意事項

最新情報はお手数ですが店頭またはお電話にてご確認ください。
天災・事故または当事者の都合等により中止・延期になった場合当店での払い戻しは一切致しかねます。
予めご了承くださいませ。

  • 全店

国際芸術祭あいち2022(旧トリエンナーレ)1日券

期限:2022年10月10日

定価:1800円

販売価格:1480円

【概要 】
「あいち2022」は、国内最大規模の国際芸術祭の一つであり、国内外から多数のアーティストが参加します。愛知芸術文化センターのほか、一宮市、常滑市、有松地区(名古屋市)のまちなかを会場として広域に展開します。現代美術、パフォーミングアーツ、ラーニング・プログラムなど、ジャンルを横断し、最先端の芸術を「あいち」から発信します。
【現代美術】
国内外の82組のアーティスト及びグループの新作を含む作品を展示し、最先端の現代美術を紹介します。
愛知県美術館を含む愛知芸術文化センターや、一宮市、常滑市、有松地区(名古屋市)での作品展示など、県内での広域展開を図ります。
【パフォーミングアーツ】
国内外の先鋭的な演劇、音楽、ダンスなどの舞台芸術作品や関連プログラムを、愛知県芸術劇場および愛知芸術文化センター周辺で10演目程度上演します。
現代美術の文脈で語られてきたパフォーマンス・アートにも注目し、パフォーミングアーツをより横断的に楽しむためのレクチャーやトークなどを企画します。
【ラーニング】
「アートは一部の愛好家のためのものではなく、すべての人がそれぞれのやり方で楽しみ享受するもの」という基本的な考え方をコンセプトの核とし、幅広い層を対象とした様々な「ラーニング・プログラム」を実施します。
「あいち2022」会期中だけではなく、開幕までの期間を含め、フェーズ毎に目的を設定し、プログラムを構成します。

  • 全店

ヤマザキマザック美術館

期限:なし

定価:1000円

販売価格:880円

ヴァトー、ブーシェ、フラゴナール、シャルダンといったフランスのオールドマスターをはじめとするロココの時代から、新古典主義のアングル、ロマン主義を代表するドラクロワ、写実主義、印象派、そしてエコール・ド・パリ等、18世紀から20世紀に至るフランス美術300年の流れが一望できるコレクションで構成されています。さらには19世紀末にフランスを中心に花開いたアール・ヌーヴォーの代表的な作家であるガレをはじめとする、様々な作家達のガラス工芸品、家具も展示しています。