チケット販売 - 美術館・博物館

※販売価格は店舗により異なります。
在庫状況によりご希望枚数に添えない場合がありますのでご了承ください。

  • 黒川駅前店
クリムト展

クリムト展 豊田市美術館

期限:2019年8月30日

定価:1600円

販売価格:完売

19世紀末ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムト(1862-1918)。
華やかな装飾性と世紀末的な官能性をあわせもつその作品は、
いまなお圧倒的な人気を誇ります。
没後100年を記念する本展覧会では、初期の自然主義的な作品から、
分離派結成後の黄金様式の時代の代表作、
甘美な女性像や数多く手がけた風景画まで、
日本では過去最多となる油彩画25点以上を紹介します。
ウィーンの分離派会館を飾る壁画の精巧な複製による再現展示のほか、
同時代のウィーンで活動した画家たちの作品や、
クリムトが影響を受けた日本の美術品などもあわせ、
ウィーン世紀末美術の精華をご覧ください。

  • 全店

スヌーピーミュージアム展 名古屋市博物館

期限:2019年09月01日

定価:1300円

販売価格:1180円

作者チャールズ・M・シュルツは、1950年から約50年にわたって新聞連載コミック「ピーナッツ」を描き続けました。そこにはスヌーピーと個性豊かなアメリカの子供たちが登場します。本展は、期間限定で東京・六本木に開設され、作秋に終了した「スヌーピーミュージアム」の全5回の展覧会の魅力を凝縮した、特別な機会です。スヌーピーファンの聖地として知られるアメリカ・サンタローザのシュルツ美術館が所蔵する、貴重な原画作品やスケッチ、ヴィンテージ・グッズなどから、20世紀後半のアメリカ文化にふれてください。

  • 全店

ダブルシルエット メナード美術館

期限:2019年09月23日

定価:900円

販売価格:580円

19~20世紀にかけて、社会の仕組みは急激な変化をとげました。浮かび上がる時代の光と影も色濃く、その時々その思いを表現してきた作品は、さまざまな角度から私たちの心に訴えかけています。時代のはざまで揺れる思い、繰り返される悲劇と祈り、喜び、静観する眼など、メナード美術館のコレクションに目を凝らし、鑑賞してみましょう。

  • 全店

あいちトリエンナーレ2019 名古屋市内のまちなか

期限:2019年10月14日

定価:1day1600円

販売価格:1380円

あいちトリエンナーレは、2010年から3年ごとに開催されている国内最大規模の国際芸術祭です。4回目となる2019年は、国内外から80組以上のアーティストを迎えます。国際現代美術展のほか、映像プログラム、パフォーミングアーツ、音楽プログラムなど、様々な表現を横断する、最先端の芸術作品を紹介します。

※高校生1DAYパス当日600円→280円(黒川店在庫)にて販売

  • 全店
ヤマザキマザック美術館

秋の所蔵品展 ヤマザキマザック美術館

期限:2019年11月10日

定価:1000円

販売価格:780円

本展では、これらの作品を一堂に展示。18世紀から20世紀にいたるフランス美術300年の流れを、一望していただける構成となっています。
工芸作品の展示室では、19世紀末にフランスを中心に花開いたアール・ヌーヴォーの作品をご紹介しています。
アール・ヌーヴォーを代表するガラス工芸家、エミール・ガレやドーム兄弟らのガラス工芸作品などをご覧いただけます。
また、同時代の家具も充実。一部屋全体を統一してデザインしたアレクサンドル・デュマによるダイニングルームなど、当時の雰囲気そのままに展示された家具をご覧いただけます。
19世紀末のフランスの邸宅に迷いこんだような気持ちで、展覧会をお楽しみください。